ゆるくて、スローで、マイペースな生活をつづる日記


by hitofumi11
カレンダー

<   2006年 08月 ( 32 )   > この月の画像一覧

内職

午前中はジムに行って汗を流した。
久しぶりにカレーライスを作って、昼夜と食べた。

そのほかは、内職。今日はまあまあ進んだかな。
外は暑くて、とても出かける気にはならない。

夜の亀田次男の試合。1RKOに驚いて、テレビを見たら相手があきれるほど弱い。
カウントの途中にロープにあがってガッツポーズを作るのはいかんのでなかったか。
どっちにしろ、作られた試合であったことが残念だった。
[PR]
by hitofumi11 | 2006-08-21 01:13

棄霊島(上)(下)

c0057201_15484432.jpgc0057201_1549289.jpg













夏休み期間中に実家で買って呼んだ。

浅見光彦100回目の事件とのことであるが、これまでの中でも比較的秀作ではないかと思う。
適度に得意の女性とのロマンスも描きつつ、非常にある意味では表立って意見しにくい北朝鮮の拉致問題について言及している。
日本の外交ということで考えて場合、このように意見できるマスコミであったり、論者があまりいないことが残念である。
逆にこのような意見が本当に主流になるのかもわからないが、ひとつの考え方として正しいとは思う。過去は過去ででこかで清算してお互いに前を向いていかなければいけないのかもしれない。

ミステリーとしては、最後に少しやられた感があった。面白かった。
[PR]
by hitofumi11 | 2006-08-20 15:50 | 読書日記

順調

朝から割りと調子よく仕事が進んだ。

まだ、夏休みの人が多いらしく、電車もすいていて快適だった。

巨人との3連戦の初戦も川上で完勝。阪神が高校野球のような試合で逆転負けをして、一気にマジックが減った。
[PR]
by hitofumi11 | 2006-08-19 01:25

北と南と左と

タイトルに意味はないので。ただなんとなく思いついたので書いてみました。
一日、仕事に追われて一日終わりました。忙しい日は一日が終わるのが早い。
しかし、この短い人生で、つらい経験をしていくのが生の喜びなのだろうと思う。

今日で「森の生活」が読み終わった。明日から感想を書く。
どういう感想文になることやら。まったく想像がつかない。
クリティカルに書いたほうがいいのか。それとも。。

いろいろなことが混沌としていて、何がどう進んでいるのかよくわからなくなっている。
それでも時間は進んでいくので、何かはやっていかなければいけないのだけれど、やっていても結局同じ混沌の渦の中から動いていないようなそういう感じ。
あせっても仕方ないのだろう。

台風が接近している。

今日の一言
好大風 (hou daaih fung) ==>風が強い

「大風」がなんとなく「台風」と似ている。
[PR]
by hitofumi11 | 2006-08-18 03:01

帰省⑤

帰りは上越線経由で。朝7時半ごろ出発。順調に東京に到着した。

海、山、田、人。ただ電車の中から外の風景を見ていた。

これから1週間。いろいろな締め切りがあり、忙しくなりそうだ。
集中しなければ。

P.S. そういえば書き忘れたが、今回の帰省、父は非常にご機嫌で、喜んでいた。
相変わらずつまらないだじゃれを連発していたが。
それだけでも親孝行ができたかなと思う。
[PR]
by hitofumi11 | 2006-08-17 02:02

帰省④

朝から富山の母の田舎に墓参りに行った。早朝に親戚のおばさんが急に腰痛で動けなくなり救急車に運ばれるということがあった。父と母はそれで3時頃おきてその後寝られなかったらしい。

昼過ぎに到着し、墓参りに行った。今朝のこともあったが、若くしてがんでなくなったいとこのことを考え、自分の近くにある死というものを意識した。生きることはつらいことも多いが、そのつらい経験をできないまま亡くなってしまった人もいるわけで、自分は1日1日のそのつらさを生きている証として、十分に経験できる幸せがあるのだと思った。

午後は野球を見たりしながら恒例のすしを食べた。祖母は思ったより変わらず元気でよかった。毎年顔を出したいと思う。

帰りの車の中で、きれいな夕日が見えた。美しい。
c0057201_1753336.jpg

ます寿司を帰りのインターで買って帰って食べた。富山の醍醐味である。

ところで、SAのガソリンスタンドが他よりも安いという報道がされたらしく、たかがリッター5円程度の話であるが、長蛇の列ができていた。なんとなくオイルショックのときのトイレットペーパー買い占めを思い浮かべる。たかがこの程度の値上げで、こういう状況になっているとは。今後さらに原油は高くなるであろうから、いろいろな混乱がありそうだ。
[PR]
by hitofumi11 | 2006-08-16 01:59

帰省③

午前中に叔父・叔母が墓参りにきて、家に立ち寄る。二人とも元気そうだ。
ここには変わらない生活があると思った。

午後にちょっとドライブに出かけようということで、白峰にある恐竜センターにいった。ここは結構前にできたらしいのだが、これまではいったことがなかった。
これといっておもしろいものがあったわけでは、いい気分転換にはなったと思う。
この当たり手取層というらしいが、昔恐竜がいたということ自体しらなかった。無知を恥じる。
c0057201_17133014.jpg

行き帰りと手取ダムを見る。昔、学校のバス旅行か何かでいったことはある。ダムの印象はあのころと変わった。市内の水瓶として重要なものだとは思うが、はたして何か環境への影響が出ていないのか。また、帰って手取ダムのことを調べてみようと思う。

帰りに父の行きつけの堅どうふ屋に寄った。かなりやり手の店長らしく、店の中には料理のレシピがあったり、ニュースレターがあったり、いろいろな豆腐由来の商品の開発など、人気が出るのもわかる。生協の通販にもあるらしい。地方の商店はいろいろ工夫をすれば十分商売としてやっていけることを証明している。

夜、昨日買った花火を家の前でやった。500円だったが、かなりの本数があり、少々疲れた。何年ぶりだろう。静かにただ眺めている時間が好きである。
[PR]
by hitofumi11 | 2006-08-15 01:59

帰省②

今日は予定がない。
ほとんど家で寝ていたかもしれない。
昨夜、実家のパソコンでインターネットを試みたが、昔ながらのダイアルアップであまりの遅さに我慢できず、ここに滞在中はインターネットはあきらめた。
午後に墓参りに行き、そのあとジャスコに買い物にいった。
内田康夫の新作「棄霊島」と花火を購入した。
夜ご飯はざるそば。あいかわらず豪勢な飯である。
[PR]
by hitofumi11 | 2006-08-14 01:53

帰省①

眠い。でも出かけなければ。
6時に家を出て、金沢に向けて出発。いつもは上越線経由で行くのだけど、今回は中央線長野経由で行くことに。
ちょっと遅れそうになって駅まで急いでいったんだけど、結果的に少し早い電車に乗れてしまったので、高尾で少し余裕があった。
甲府から長野に向かう途中、人が線路に入ったとかで、40分程度遅れた。これは到着が1時間程度遅れるかとおもったけど、次の乗り換えてなんとか予定通りの電車にのれてよかった。

直江津で、はくたかなど関東の方から来ている電車がみな遅れていて変だなと思った。
あとで知っただが、関東で大雨かなにかで、3時間も電車がストップするという事態がおこっていたらしい。私たちは少し早めに出たので助かったのだ。

予定通り午後7時ごろ金沢到着。今回の旅はいつもと同様よく寝ました。
[PR]
by hitofumi11 | 2006-08-13 00:23

あと少し

明日から実家に帰る。夏休み。
今日は仕事いったんきりをつけたいところであったが、そうでもなく。。
またすぐに仕事にもどらなければいけないところだ。

夜、田中商店で食べ納めのラーメンを食べた。今日は比較的混んでいた。
遅くまで作業をしようと思っていたが、気がついたら寝てしまっていた。
[PR]
by hitofumi11 | 2006-08-12 00:00