ゆるくて、スローで、マイペースな生活をつづる日記


by hitofumi11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

環境活動に思う。

昨日今日と学生の環境活動のコンテストに参加していた。

今年で3回目。年々バージョンアップしており、今年は安心して見ていることができた。
一方で、いろいろ課題というか考えさせられることもいくつかあった。

毎年思うことではあるが、学生のレベルの高さには驚かされる。そもそも社会人と大学生の能力の敷居はなんだろうと思わされる。経験といっても仕事での経験は必ずしも世の中の他の人たちにとって意味のあるものばかりでもないだろう。そうすると単純な能力の差だけで考えれば何もないかもしれない。時間がある学生の方が長所が多い。学生中心のNPOが活躍しているのも頷ける。環境活動として社会人として意味のあるもの,客観的にもレベルの担保できるものを生み出し続けていくのは大変だと思う。私は大変な業界にいるのだ。そういう気がする。

一方、今回思いを強くしたことがある。それは結局、本来目的であるはずの環境保護の「環境」が単なるキーワードになっているということである。もちろん地域との協働であるとか、意識の向上であるとか間接的な効果も重要である。ただ、私には少し違和感があった。本義と副次的な効果。そこまで考える必要もないかもしれないが。
[PR]
by hitofumi11 | 2005-12-28 10:33
c0057201_234903.jpg

数週間前に読んだ本。

私がこれまで思っていた部分がはっきりと明記されていて、すっきりしました。
感じたのは、香港人はある意味で考え方がシンプルだと言うこと。
もちろん本の通りということではないだろうけど、経済がよければそれで幸せという構図はある意味うらやましい。
多様化しすぎた日本は、それで逆に個人の幸せが感じられにくくなっているように思う。
[PR]
by hitofumi11 | 2005-12-23 23:53 | 読書日記

日常

ふと私の日常生活を考えてみた。
もちろん日によって帰る時間とか家を出る時間とか違うし、場合によって土日に出かけなければいけない日もあるが、およそ結構パターンは決まっている。
8:00 起床
8:30 家を出発
9:30 会社着
20:00 会社を出る
21:30 帰宅(途中買い物を経る)
22:00~23:00食事
23:00~後片付け、シャワーなど
24:00~2:00 インターネット
2:00 就寝

帰りが遅い日は、全体的に遅くなったりはある。
自身のボランティア活動時間をどこでとるかというのが当座の課題である。
睡眠時間は短くしたくないし、土日も極力避けたい。
平日の夜をいかに利用するか。難しい。
[PR]
by hitofumi11 | 2005-12-23 10:24

記憶の果てに

昨夜は忘年会だった。2次会の途中から記憶がなくなって、気がついたら家で寝ていた。何時に帰ったのかも、どうやって帰ってきたのかも全く記憶がない。

途中でタクシーに乗っていて、島根についたとき起こされたのは記憶がある。お金が足りなくて、カードを使ったのもおぼろげに記憶がある。すごい金額が請求されたらどうしようと結構びくびくである。

途中で警察らしき人にいろいろと聞かれていたのもおぼろげに記憶がある。
やはり自分の記憶がなくなるというのは結構怖い。

まさに痛みをともなう事件というか。反省しきりである。やはり2次会にいったのが間違いだったか。途中で帰るべきだったね。

家ではソファで寝ていたが、体中がゲロまみれだった。結構ショック。

この記憶は(あまり記憶と言うほど残ってはいないが)未来に残していきたいと思って書いています。

ちなみにタクシー代は8000円を超えていた・・・
[PR]
by hitofumi11 | 2005-12-16 23:21

大学もかわったなあ

仕事の打合せで、予想だにしないところで、おもしろい話が聞けた。

立命館アジア太平洋大学の副学長の仲上健一先生のお話だった。

そんな名前の大学知らなかった。立命館だから京都かと思いきや、大分という田舎で、留学生の割合が半数以上という超国際的な大学だそうだ。

地域との連携のためにいろいろなプログラムをやっていて、大学は日本語でも英語でもOK。
就職率はほぼ100%、留学生の多くも日本で就職するらしい。

もう私の時代の大学ではなくなっています。やる気のある人間ならどんどん伸びることができる感じ。

こんなところで学んだ学生がたくさん日本の社会に入ってきてくれれば、日本の未来も明るいかなと思ったり。

日本国内の持続可能性のことを考えているが、すでに教育分野でもグローバル化してきていることを痛感する。
[PR]
by hitofumi11 | 2005-12-14 22:04

朝の日比谷線

久しぶりに朝の日比谷線に乗った。
はっきりいって、この電車に毎日乗って会社に行っている人はかわいそう。

北千住のホームの人の多さはなんだ。
本ものんびり読めず、すし詰め状態で耐えるしかない。

その後、品川にいったがここもすごい。
改札を出てから出口にむかっての大行列。とても反対方向に進める感じではない。
たまげた人の多さ。

毎日きていればなれるのだろうか??

夜ご飯は、先日仕事でもらった神戸市長田のぼっかけカレーを食べた。
味は。。。甘い。甘口だったのかなあ?
ちょっと私のテイストではなかった。ごめんなさい。
[PR]
by hitofumi11 | 2005-12-12 22:13

ハリーポッター

今日は久しぶりに映画を見に行こうということで、出かけました。

目指すは、『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』

そんなにめちゃめちゃ好きということではないんだけど。ミーハーでいつも見てます。当然原作も。

有楽町ピカデリーで12:20開演のを目指していきました。
20分前くらいについて、さすがに日曜日だけあって、混んでます。
聞いたら立ち見だけという。オーノー。
一瞬焦りましたが、その次の回のに予定を変更。とりあえず、前から5列目で予約しました。
人気映画は見るだけでも大変です。

映画を見ながら食べようと先にパンを買ってあったのですが、しょうがないので先に食事をしようと言うことになり、「ひむろ」という北海道みそラーメンの店に行きました。
スープ、メンとも合格点。最近豚骨系のラーメン屋が多かったので、とてもおいしく、大満足しました。

銀座はクリスマス一色。ぶらぶらショッピングをして、スタバでコーヒーを飲んで時間をつぶす。

映画は。。。2時間40分と長い割に一気にいきましたね。ダンスパーティーのところが長すぎ。
格闘シーンが少なすぎで、最初のグイディッチのワールドカップのオープニングシーンでCGを使いすぎて、あとはいまいち。。。でも、十分おもしろいにはおもしろかったです。

家に帰って、また少し原作を読み返したり。第5作は格闘シーンがもっとあるといいですね。
[PR]
by hitofumi11 | 2005-12-12 20:11
このつまらない仕事を辞めたら、僕の人生は変わるのだろうか?
ポー ブロンソン (著), Po Bronson (原著), 楡井 浩一 (翻訳)

英語のタイトルは「What should I do with My Life」。だいぶタイトルのイメージが違います。
アメリカという多種多様な人が住んでいる国の一握りの人々の物語。
たぶん日本でこういう企画をやってもそれほど面白い経験をしている人はいないけど、アメリカだと簡単に集まってしまうのだろうか。

そもそも、一生転職しないでいる人がマレという社会。なかなか理解しがたい。
全体的に能力が高くて、新しく何かを始めようとしても、やれてしまうタイプが多いのも気になった。

私は自分の人生を長く、生き甲斐が見つかる方向性に進んでいこう。のんびりと。
[PR]
by hitofumi11 | 2005-12-09 01:00 | 読書日記