ゆるくて、スローで、マイペースな生活をつづる日記


by hitofumi11
カレンダー

2007年 02月 20日 ( 2 )

佐賀で

c0057201_22264196.jpg

昨夜泊まった佐賀駅前の東横イン、ラッキーなことに部屋が広くベッドもダブルのたぶんデラックスシングルの部屋だった。広々とのんびり体を休めることができた。

朝は6時起床し、佐賀城跡の辺りまでジョギング。まだ暗く人はほとんどいなかった。城のお堀が池のように広くすばらしい眺めだった。今日は天気がよさそうだ。

久しぶりにめざましテレビの今日の占いを見た。天秤座は八位。ちゃんといやな感じ。

東横インのサービスの朝食でおにぎり8個、味噌2杯、コーヒー2杯。新聞も2紙読んだ。

佐賀はのんびりしていて空気もいい。このまま東京に帰りたくなくなる。

仕事も無事終わり、それから今日の運勢は急降下した。佐賀から乗ったバスがなぜか間違いで気がついたら福岡の市街地に。あわてて地下鉄に乗り、約30分遅れで空港到着。急いでいたせいでエスカレーターでけつまづいて転びそうになった。

腹が減ってラーメンでも食べようと行ったが、並んでいてあきらめた。代わりに鰯寿司というめずらしい寿司とビールでひと息した。そこで今日は窓側の席したことに気づく。トイレに行きたくなったらめんどうだ。急にビールもおいしくなくなった。

フライトはトイレはいかなかったが、飛行機の揺れがひどいわ耳がいたくなるわでワーストの部類に入るひどさ。時間通り着いただけ良しとしよう。

それよりスカイマークはいつから機内でジュースやビールまで売り始めたのだろうか。往きは寝ていて気が付かなかった。しかも100円で。急いでジュース買わなくてよかったではないか。

まったく。これであと無事に家に帰れたら、これも一興か。
[PR]
by hitofumi11 | 2007-02-20 22:26

森ミステリーのすごさ

新作の「ηなのに夢のよう」を羽田-福岡のスカイマーク便で読んだ。
気がついたこと。彼の本はすでに推理小説ではなくなっている。
1つの壮大なストーリー、連載小説を読んでいるようだ。
殺人事件も起こらない。トリックもいいかげん。
でも読む人はもうそんなことはどうでもよくなっている。
それよりも大きな謎、ミステリーのとりこになってしまっているから。
これまでずっと読んできて、これで次が読みたくないわけはない。
そしてまた新刊が出たら買ってしまう。もう中毒のようだ。
でもきっと彼は期待を裏切らない。そういうところがある。

彼の小説の1つ1つのフレーズには何かメッセージがあるように思う。
それは単なるミステリーを超えた何か。
人が生きる、死ぬとはなにか。日頃の生活をすこし客観的にみる時間を与えてくれる。
それだけでも、この本を買って読む価値があるのではないか。
[PR]
by hitofumi11 | 2007-02-20 01:50