ゆるくて、スローで、マイペースな生活をつづる日記


by hitofumi11
カレンダー

2006年 08月 10日 ( 1 )

環境と文化

今日の午後も数字とにらめっこ。本当に眠くなってしょうがない。地道な作業だ。

夕方、某環境講座に参加。本日のテーマはネイチャーライティングであった。そもそもそういうものの存在自体も知らなかったので、非常に勉強になった。

私はSussexの時の修論で環境問題の認知における文化的側面の違いについて取り上げ、地球温暖化問題のようなグローバルなレベルで一緒に取り組まなければいけない問題に対してどうするかということについて論じたことがあるが、実はこの各国の環境文学というものの中にエッセンスがあったのだということに気がついた。

一方で地球温暖化問題に限った場合は、現在各地で起こっている自然災害は共通して認知できる者の、地球温暖化のメカニズムについては共通の科学というもので説明されなければわからないわけで、共通の環境哲学の醸成のためにはやはり科学と事実の報道は不可欠なものなのではないかと思った。温暖化の問題は二酸化炭素を排出すること自体を止めることはできなく、つまりその排出量のレベルの問題なので話がややこしい。また見た目で空気や水が汚れるという話でもない。

私なりの考え方としては、各地域レベルなりの解決方法(いわゆるスローライフとかQOL、幸せの形)があって、共通哲学とはつまり温暖化のメカニズム、科学であり事実でよいのではないかと思う。

日々の生活での人間関係とか、各自の思惑とか、何かそういうものがいろいろとごちゃごちゃになっていて、人々はそういうことに囚われすぎているのではないかと、自身のことを考えてもそう思う。そういうのってややこしいし巻き込まれたくないのだけど、生きていると避けられないのだなとも思う。今日も少々疲れた。
[PR]
by hitofumi11 | 2006-08-10 01:35