ゆるくて、スローで、マイペースな生活をつづる日記


by hitofumi11
カレンダー

2006年 08月 02日 ( 2 )

懐かしい熱気

体の調子が悪い。考えてみるとちょうど季節の変わり目、いまだと急に梅雨があけからっとした天気になってきて、そのころにいつも体調を崩す場合が多い。私の課題ではあるが、精神的な部分も大きいのかもしれない。

今日は朝から少しわくわく感があった。それは亀田の世界戦の日だったから。
亀田くんの実力についてはいろいろと、いわれている。
私自身実際に生で試合を見てみて、その他の試合も含めての評価は、フィジカルは強い。ストレートもいい。比較的基本もしっかりしている。ただ、これまでそれほど強い相手とやっていないので、経験という部分では足りない。というこである。

ただ、今回ゴールデンタイムでこれほど日本中を盛り上げて世界戦をやるのは、昔小さいときの具志堅であるとか渡辺二郎であるとか、もしくは鬼塚とか本当に彼らの世界戦の時を思い出した。あのころのボクシングの熱気を思い出した。
それだけでも彼はすごいと私は思う。

試合は、予想通りの苦戦だった。初回からダウンを奪われ、そのあともうまい相手に翻弄されていた。ただ、パンチの力はあったのだろう。あたったパンチに対してあまりに効いていたのはちょっと打たれ弱さがあった。これは今後改善できるところだろう。

日本人のボクシングというのを見た気がした。気合と根性。テクニックではない。最後までその気持ちを捨てなかった彼が勝利を呼び寄せたのかもしれない。うまさはない。でも練習量とパワーでそれを克服した。久しぶりに日本人のプロを見た。

最後のインタビュー。まだ子供じゃん。すごい子供だ。
[PR]
by hitofumi11 | 2006-08-02 23:43

石油高騰とオイルピーク

今日もいまいち調子が悪い。

たまたま数日前に届いた、Earth Policy Newsを読んだ。

ヨーロッパでの猛暑の話。
ここまで死者が出て、気候変動と関係があるとなれば、がむしゃらに温暖化対策に取り組まざるえないだろう。
日本は、まだ本当の被害をしらないのだろうか。すでに地方では相当の水害なり、異常気象で経済的なダメージをうけている。今のままではいけないことはうすうす気が付いているのではないか。

石油高騰のニュース。日本でも深刻になってきた。真剣に脱石油の社会を構築しなければいけなくなるだろう。

ところで今日の帰りの話。ある中刷りにあった「スリルとメルヘンの~」
これ、スリルはthrillで英語だとは知っていたが、メルヘンは?と聞かれて調べてみた。
実はドイツ語Marchenだった。カタカナで並んでいると何の違和感もないが、実は2つの言葉が混じっている。
これが日本語の特徴というものなのだろう。
[PR]
by hitofumi11 | 2006-08-02 00:55