ゆるくて、スローで、マイペースな生活をつづる日記


by hitofumi11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

オリエンテーション

中文大学での広東語コースのオリエンテーションがあった。
住んでいるマンションからバスに乗り、そのあと電車で一駅で到着する。
中文大学は、このあたりでは一番広い大学だそうで、大学の中には無料のバス(学生はということだが)が走っている。
勉強する教室は、電車の駅からすぐなので、あまり使うことはないとは思う。
とりあえず、かなり近いということがよくわかった。
東京で通勤で毎日片道1時間をかけていたことと比較すると、今回はたぶんその半分以下である。電車もバスもすぐ来るのでストレスもない。

オリエンテーションでは最初に大学の紹介のビデオ、コースのこれまでの種々イベントなどの写真・ビデオを見せてもらった。
外国人が中国語を話していることは、実際非常にミラクルに見える。たぶん私が話せるようになっても、たいしたことはないのかもしれないが。
大学自体は、すごく優秀な大学だということだけはよくわかった。

その後、たぶんのこの言語センターのトップであろう人から話があった。
大きく2つのことを言っていたのだが、1つは「中国語とは何か?」を自分で探求してくださいということ。
中国語自体は、8つの種類があり、どれがよい中国語でどれが悪い中国語かというのはそもそもないと。
学校では中国語が何かについては教えてくれないし、私自身も何かまだわかってはいないと。だから自分で本を読むなりして勉強してほしいと言っていた。
もう一つは、この1年ないし2年のコースで勉強できることは、中国語のほんの一部でしかないと。だからどうやって中国語を勉強するか、その方法を勉強していって欲しいと言っていた。
これはもっともだと思う。中国語というか、1つの言語を勉強するというのはある意味では一生のことなのだと思う。新しい知識を得れば、それと同時に新しい言葉を知ることになる。
次にセンターの先生・スタッフの紹介があり、大学内のガイドツアーをして、今日のオリエンテーションは終了した。
同じコースに入ったのは10名程度、これからのクラスメイトになる。新しい出会いがあるというのは楽しいことではある。
先生の中には日本語が話せる人もいて、驚いた。たぶん私が中国語を話せるようになれば、あんな感じになるのか。

これからのコースの教材をたくさんもらって、事前にきちんと予習をしてくるように言われた。
まだ時間があるので、1つ1つ勉強していこうと思う。
[PR]
by hitofumi11 | 2007-05-09 22:32 | 香港