ゆるくて、スローで、マイペースな生活をつづる日記


by hitofumi11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

不都合な真実

遅ればせながら話題のAn Inconvenient Truthを見てきました。

六本木ヒルズのエコサンデーで500円という格安料金で。
すでにネットでの前売りは売り切れていて、朝8時半に行ってみるとすでにたくさんの人が。
聞いてみると、一回に20名しか入れないとのこと。ちなみに一番前に並んでいる人は朝7時からならんでいるとか。それにしても寒い。なぜこんな寒いのに外で並ばせるのかと同じく並んでる客からクレームが出ていた。ちなみにほとんどの人は同じ不都合な真実を見にいているらしかった。

やっと開館で、初回のチケットはとれなかったが、2回目の11時45分のチケットをゲット。
スターバックスでコーヒーを飲んでクロスワードパズルや数独をやったりして時間をつぶした。

ようやく映画を見た。すでにたくさんの人が見てかなりの好評を得ている映画だけに、どんなもんかと思っていたが、なるほど確かに・・・という感じ。
少し辛口に言うと、あまり映画という感じではなく、ゴアさんの講演会に行ったような感じだった。
温暖化の問題はmoral issueだと言っていた言葉が印象的だった。そう、すでにモラルの問題になったのだ。
温暖化というよりはClimate Crisis (気候の危機)ということなのだろう。
これまで環境問題というとマイナーな、やっている人だけやってるという感じだった。
今もその状況は大きくは変わってはいないとは思うが、そういう時代はもう終わるのかもしれない。
当たり前のようにどうどうとエコバックをもって、脱マイカー宣言をして、省エネをする。そういう時代は来るのだろうか。

日本は政治家、官僚がまっさきに変わるべきだとは思う。ゴアさんもまさに政治の問題を多く言及していた。

少し元気になる映画であった。
[PR]
by hitofumi11 | 2007-02-04 22:49