ゆるくて、スローで、マイペースな生活をつづる日記


by hitofumi11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ODAの本

ODA(政府開発援助)―日本に何ができるか 中公新書
渡辺 利夫 (著), 三浦 有史 (著)

ODAの正しい見方 ちくま新書
草野 厚 (著)


仕事との関連で読んだ本。
もともと開発学に興味があったが最近遠ざかっていた。
あらためて読んでみて感じたこと。
一つは日本の外交の歴史とODAは密接に関わっていること。一方で日本が海外の政府に対して受け身な姿勢でしかないことに歯がゆさもある。
もう一つは、よりよいODAとは何かという答えはまだどの国も出せていないと言うこと。別に日本だけが悪いわけではなく、どの国も完全に発展途上国の貧困を解決できていないのだ。そう言う意味で日本のこれまでのODAは良くも悪くも評価できることがわかった。

日本が日本式の堂々とした国際的なパワーを見せれる分野なのだと思う。
[PR]
by hitofumi11 | 2006-01-09 01:31 | 読書日記