ゆるくて、スローで、マイペースな生活をつづる日記


by hitofumi11
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

環境活動に思う。

昨日今日と学生の環境活動のコンテストに参加していた。

今年で3回目。年々バージョンアップしており、今年は安心して見ていることができた。
一方で、いろいろ課題というか考えさせられることもいくつかあった。

毎年思うことではあるが、学生のレベルの高さには驚かされる。そもそも社会人と大学生の能力の敷居はなんだろうと思わされる。経験といっても仕事での経験は必ずしも世の中の他の人たちにとって意味のあるものばかりでもないだろう。そうすると単純な能力の差だけで考えれば何もないかもしれない。時間がある学生の方が長所が多い。学生中心のNPOが活躍しているのも頷ける。環境活動として社会人として意味のあるもの,客観的にもレベルの担保できるものを生み出し続けていくのは大変だと思う。私は大変な業界にいるのだ。そういう気がする。

一方、今回思いを強くしたことがある。それは結局、本来目的であるはずの環境保護の「環境」が単なるキーワードになっているということである。もちろん地域との協働であるとか、意識の向上であるとか間接的な効果も重要である。ただ、私には少し違和感があった。本義と副次的な効果。そこまで考える必要もないかもしれないが。
[PR]
by hitofumi11 | 2005-12-28 10:33