ゆるくて、スローで、マイペースな生活をつづる日記


by hitofumi11
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

高校生のレベル、ぬるいビール

神戸の3日目。

R&Bホテルの朝のおいしいパンにも、駅前のインターネットカフェにもちょっと飽きてきた。
昨晩、駅前のたこ焼き屋の横のきゃぺつ焼を食べたがそっちの方がたこ焼きよりおいしかった。

今日はまちあるきの同行。若い高校生が多い。
いろいろまわってきてからまちあるきの成果をグループごとに新聞にまとめるという企画。
いろいろなグループを見ていておもしろいなあと思ったのは、積極的にああしようこうしようと発言している人、だまっているがただ黙々と何かを書いている人、そもそも全く最初から参加する気がない人、いろいろである。私が高校のころは、全くの無関心不参加型だった。非常に共感できる。いろいろな発想が内からあふれ出て次から次と広がって言っているのをみると、その時代の若さを感じる。

そのあとの発表で、さっきまで黙っていた1人が大人顔負けの雄弁を披露し、驚いた。私のような田舎のしかも没個性的な学校にいっていたものには考えられなかった。ああいう能力の突出した子供は大人になるとどうなっていくのだろう。

さて、帰りの新幹線。昨日余ったビールを無理矢理持たされて、あまりにのどが渇いていたので非常にぬるいのをわかっていながら飲んだが意外とうまかった。のどが渇いていたのと、普段あまりビールを飲まないせいか、おいしさが身にしみた。人の幸せってほんとちょっとしたところにあると思う。それは全く物質的な豊かさではないと思う。
[PR]
by hitofumi11 | 2005-11-13 23:51